新型コロナウイルス感染と検査

新型コロナウイルスの感染と免疫

新型コロナウイルスは、ウイルス表面のスパイクタンパク質 (Sタンパク質) が、ヒトの細胞表面のACE受容体に結合することで、ヒト細胞に感染します。一方、ウイルスに感染したヒトは、感染したウイルスの特徴となるタンパク質などに対する抗体を産生します。2回目以降の感染において、抗体はウイルスの感染を阻害する等の効果を発揮し、感染や重症化を防ぎます (「免疫」といいます)。ワクチン接種によっても抗体産生が誘導されるため、感染や重症化を予防すると考えられています。

新型コロナウイルス感染症の検査

現在、新型コロナウイルス感染症の検査には、体内のウイルス量を測定する「抗原検査」や「PCR検査」、ウイルスに対する免疫を測定する「抗体検査」があります。抗原検査やPCR検査の中にも、検出感度(どれくらい少ないウイルス量を検出できるか)や検査時間に違いがあります。当センターでは、抗原検査およびPCR検査の中でも、それぞれ最も感度に優れた「抗原定量法」および「リアルタイムRT-PCR法」を採用しています。

抗原検査やPCR検査には、厚生労働省によって正式に承認された検査と、そうでない、いわゆる研究用検査が存在します。ACT Lab.では厚生労働省によって承認された検査法と検査装置によって検査を行い、また、検査を実施する検査室は沖縄県や那覇市によって衛生検査所として正式に登録されています。

抗体検査はまだ国内で正式に承認された検査法はありませんが、世界的にもっとも実績のあるRoche Diagnostics社やAbbott社の機器・試薬を使用して行っているためその検査結果は世界中で評価が可能となっています。

新型コロナウイルス感染症の検査の比較

表(他社比較)はタブレット以上のサイズでのみ編集可能です
(実際の公開ページではタブレットサイズ以下で横スクロールが表示されます)
抗体定量検査
抗原定量検査
簡易抗原検査
リアルタイム
RT-PCR
検査対象
ウイルスに対する
抗体
【免疫の有無】
ウイルスの
タンパク質
【ウイルスの有無】
ウイルスの
タンパク質
【ウイルスの有無】
ウイルスの
遺伝子
【ウイルスの有無】
検体採取方法
血液
微量の血液
だ液
1~2 mL
ぬぐい液
鼻腔ぬぐい液
だ液
1~2 mL
ウイルス検出感度

他者への感染性のあるウイルス量以上
他者への感染性の高いウイルス量以上
他者への感染性の低いウイルス量も検出
検査時間
(検査機器処理時間)
最短30分~
最短30分~
最短15分~
2時間程度
検体採取方法
血液
微量の血液
だ液
1~2 mL
ぬぐい液
鼻腔ぬぐい液
だ液
1~2 mL

ACT Lab.新型コロナウイルス民間検査センターで提供する検査

ACT Lab.の抗体検査(抗体定量検査)

ワクチン接種後の抗体産生量(抗体価)や
過去の感染歴がわかります

新型コロナウイルスの特徴的なタンパク質(Sタンパク質)に対する抗体の有無を調べることで、新型コロナウイルスに対する免疫の有無を確認します。

この方法では、ワクチン接種により誘導される抗体の検出とその量(抗体価)が測定できます。また、また感染の自覚がない方で抗体が検出された方はすでに新型コロナウイルスに感染した過去があることがわかります。ワクチンを接種しても抗体ができたか不安な方も検査の対象になります。

当センターの検査実績は、世界的にも数多くの使用実績があるRoche Diagnostics社の検査装置と検査薬を使用したものが、北部地区医師会病院との共同研究により、その有用性が明らかになっております。この取り組みは県内で最も早く、国内でも有数な実績となっています。(詳細はこちら)

当センターの抗体定量検査では、独自プロトコルにより指先からの微量な血液での検査が可能です。ご自身で指先より血液採取していただきます(0.1mL未満)。微量採血専用のランセットを使用するため、簡単に採血することができます。検査は完全自動化されているため、検査ミスが極めて少なくなっています。

これまでの研究から一定の抗体価を持つ方は、再び新型コロナウイルスに感染しても重症化するリスクが低い事、ワクチンを接種しても抗体価が十分でない方を識別することが可能となっています。


※感染後およびワクチン接種後の抗体価やその推移、感染予防や重症化予防との関係については、現在も研究が続いています。抗体検査陽性は、「感染しない」「重症化しない」ことを保証するものではなく、陽性であっても引き続き感染予防に努めてください。


検査機器:cobas e411 plus(Roche Diagnostics社)
検出試薬:Elecsys Anti-SARS-CoV-2 S RUO(Roche Diagnostics社)
検体種別:血液

(写真 抗体定量検査で使用する自動検査機の1例)

ACT Lab.の抗原検査(抗原定量検査)

迅速で高感度な新型コロナウイルス検査

新型コロナウイルスの出現以来その検査法としてPCR検査が一般的になり、多くの検査が行われるようになってきています。しかしながらPCR検査は高度な技術を必要とし、その操作を行える検査技師が限られています。そのため多くの検体を一度に検査するには限界があります。ACT Lab.が連携するAVSSは、2020年4月からの沖縄県でのPCR検査を確立し、県行政検査を一手に担ってきた実績を持っています。その結果、2021年10月の県内PCR検査数は人口1000人当たり国内で最も多い数となっています(沖縄、警戒レベル第2段階に引き下げ 1年3カ月ぶり PCR検査は全国最多 - Yahoo!ニュース)。

しかしながら、第5波に非常に多くの感染者が出ましたが、今後第6波ではどれだけの感染者が出るか予測ができず、PCR検査だけでは対応仕切れなくなると考えています。一方、新型コロナウイルスが今後ある程度制御されるようになると再び海外からの来訪者が増えて来ると考えられます。当分の間はこのような方々の新型コロナウイルス検査も必須になってきますが、そのような場合にもPCR検査だけでは対応できません。そこでACT Lab.ではAVSSと協力して現在成田・羽田空港等の入国時検査で採用されている定量抗原検査法を沖縄に導入しました。この検査はほぼ自動化で行えます。かつ、多検体処理および検査時間の短縮が可能となります。実質の検査時間はほぼ30分です。この検査法はPCR検査法より感度が低いものの、他者への感染性を有する感染者の特定に十分な感度を有するため、現在国がその応用を積極的に進めています(COVID-19 病原体検査の指針)。沖縄での新型コロナウイルスの検査法として積極的に普及させていきたいと考えています。

検査機器:Lumipulse G600II(富士レビオ社)
検出試薬:ルミパルス SARS-CoV-2 Ag(富士レビオ社)
検体種別:だ液
判定基準:
 0.67 pg/mL未満 → 陰性
 0.67 ~ 4.0 pg/mL → グレーゾーン(陽性疑い)
 4.0 pg/mL以上 → 陽性

※稀に陰性か陽性かの判断が難しい結果が得られます。ご希望の方には、PCR検査(無料)での再検査を案内いたします。

(写真 抗原定量検査で使用する自動検査機の1例)

POINT !!

抗原定量検査の有用性

大型の検査機器を使用する抗原定量検査は、一般的に知られている「(簡易) 抗原検査」と共通の原理を利用しますが、能力は大きく異なります。抗原定量検査では、他者に感染性を有するウイルス量は十分に検出可能な感度を有する一方で、機械にセット後30分程度で結果が得られます。さらに、自動化されているため、人為的なミスの可能性を減らしながら多くの検体を検査することが可能です。

  • 成田空港などの検疫検査や、羽田空港での搭乗者検査で利用されています(厚労省の紹介記事)。

  • 第6波への備えとして、大手検査会社や専門家からも期待されています(NHKの紹介記事)。

また、新型コロナウイルス感染症では、発症10日目以降は感染性のウイルスはほとんど排出されないことが分かっています。しかし、PCR検査は感度が非常に高いため、感染性を有しないウイルス遺伝子に対しても反応し陽性となることが分かっており、人によっては長期間(~2ヶ月)陽性が続く例があることが分かっています。このような方はPCR検査では陽性ですが、日常の行動制限は受けないで済みます。今後は、抗原定量検査とPCR検査を上手に使い分けていくことが重要になります。

ACT Lab.のPCR検査(リアルタイムRT-PCR)

ウイルス量まで分かる高感度なPCR検査
もっとも高感度な検査法です。感度が高い検査では、熟練と精密な技術が必要です。当センターでは、厚生労働省により認められた検査機器および検出試薬を用いたPCR検査を実施しています。

さらに、SARS-Cov-2遺伝子検査の中でも最も高感度な「リアルタイムRT-PCR」を採用しており、これまでにも県内の行政検査や医療機関の検査を数多く受託してきました。

当センターで提供するPCR検査は、うるま市にある衛生検査所(株式会社AVSS)で実施し、技術に精通したスタッフが常に検査精度を確認しながら実施しています。さらに、ウイルスの有無だけでなく、ウイルス量の測定(定量)まで行っているため、他者への感染性の強さを判断する材料になります


検査機器:cobas z480 analyzer(Roche Diagnostics社)
検出試薬:SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kit(Takara Bio社)
検体種別:だ液

(写真 PCR検査で使用する定量PCR機)